タイトルの付け方

タイトルのSEO対策は検索順位とクリック率に影響する
順位とクリック率に影響

Webページのタイトルは付け方次第で検索順位だけでなくクリック率にも影響するSEO対策でかかせない要素です。

タイトルとコンテンツを一致させる

タイトルとコンテンツを一致させること。これがタイトルを作るうえでの大前提です。

非常に興味をそそるタイトルをつけたとしてもコンテンツが一致していなければ見に来たユーザが損したという気分になってしまいます。

検索エンジンもタイトルに対する共起語などを判断している為コンテンツが一致していなければ検索順位も上がりません。

これを踏まえてタイトルの相応しい作り方をご説明します。

文字数は32文字以内にする

タイトルの文字数

ページごとに異なるタイトルは32文字以内で作ることがSEOの観点から良いと言えます。

これは、検索順位の上位表示されている統計上の数値でもでているばかりでなく、32文字以上だと文字が見切れてしまう問題が発生する為です。

逆にタイトルは何文字以上にしたほうが良いかというと12文字以上は最低必要です。

その理由は今まで作成したタイトルがあまりにも短いものはGoogleから手直しが発生した為です。

ユーザと検索エンジンに見やすいタイトルを考えると自然と伝えたいタイトルは25文字前後になるはずです。

検索ユーザが求めるキーワード作り

タイトルのキーワードに検索ユーザが求める単語が存在しない場合SEO対策をするうえで上位表示は致命的と言えます。

例えば小山市のホームページ制作会社のWebサイトがあった場合「ホームページ」や「制作」というキーワードをタイトルに含めていないといけません。

GoogleやYagooなどで調べものをした時、入力したキーワードがタイトルに含まれていませんか?検索エンジンはユーザが打ち込むキーワードからよりよい情報をみつけて表示しています。

ホームページのタイトルは本と同じ概念で、欲しい情報を求めるユーザにわかりやすいキーワード作りが大切です。

キーワード数は3個から5個

キーワードの数

タイトルに含めるキーワードは単語の羅列のように複数含めればいいものではありません。何を伝えたいか分からず、テーマが薄れてしまいます。

また、1つの単語でも内容が薄い為キーワードを増やした方がよいと言えます。

形態素解析で単語と認識されるキーワードが3個から5個が統計上、検索順位の上位表示に多く見受けられます。

何をどのような人に読んでいただきたいかを考えれば自然とタイトルのキーワードは3個以上になるはずです。

先頭に重要なキーワードを配置する

先頭に重要なキーワードを配置する理由は検索順位が上がりやすいからではありません。(SEO対策の統計上あがりやすいのは確かです)

しかし、一番の理由はクリックされやすいからです。人は無意識で左から右へ文章を読んでいきます。ユーザが探している情報が先頭に配置したほうが後半部分を読んでくれる可能性が高まる為先頭に配置した方がよいと言えます。

クリック率が高くなれば検索順位はあがります。100万回表示されて1回しかクリックされてないサイトと50万回クリックされているサイトがあった場合どちらを読んでみたいでしょうか?

ターゲットユーザを明確にする

テーマを明確に伝える

ターゲットユーザを明確にするにはユーザが求めている情報を一言で伝えられるタイトルが一番理想です。

例えばホームページの場合作り方を探しているユーザに見てもらいたいのか、作ってくれる会社を探しているユーザにみてもらうかによっても「作り方」や「制作」などのキーワードが追加されていくはずです。

あいまいな質問にはあいまいな答えしか返ってこないように、具体的なタイトルのテーマを作ることでクリック率に影響してきます。

タイトルをコロコロかえるのはよくない

タイトルを変更する場合は慎重に行った方が良いと言えます。変更しただけであがることもあれば大きく下がることもあります。

1カ月に5回6回と変えた場合、ペナルティとして検索エンジンに表示されなくなる恐れもあります。

あくまで変更する場合は、コンテンツの内容とタイトルのテーマが沿っていない場合です。

一時的に変更した後は下がる場合もありますが、コンテンツとタイトルのテーマが一致していれば必ずあがります。

ただし、やみくもにキーワードを詰め込みすぎたタイトルなどは評価を下げることを頭に入れておくべきと言えます。

PAGE TOP