IT・WEB・PC事業を行う9BOX IT・WEB・PC事業を行う9BOX

SEO対策で一番重要なコンテンツの文字数や文章構造の書き方

SEO対策で一番重要なコンテンツの文字数や文章構造の書き方

検索エンジンで順位をあげたい場合SEO対策という言葉を耳にすると思います。

SEO対策は200項目以上の要素から検索順位のランキング付けがされております。

その中でも1番重要視されているのがコンテンツ(文章)です。

まずは1ページずつ見るユーザの手助けとなるようコンテンツを書いていくことが重要です。

コンテンツの文字数

コンテンツの文字数は検索順位に関係があるのか?

これについて「Yes」または「No」で答えを求めてしまうと他のSEO対策でも失敗します。

その理由はこれをやれば検索順位があがるといった簡単なものではないからです。

常に意識してほしいことが、見に来てくれるユーザだったらどのような書き方だったら満足するかを考えたうえで行うことが重要です。

もしあなたが医者になりたいと思った場合100文字のページと10000文字のページどちらをとりますか?

しかし読んだ結果100文字では情報が得られず、10000文字でも関係ないことがぐだぐだ書いてあり全く参考にならなかった。

その為文字数だけで検索順位に関係があるかと聞かれたら「Yes」または「No」で答えられないのです。

では具体的にコンテンツをどのように書いていけばよいかを次で説明致します。

キーワードに対して10人が見た時全員の期待に応えられるか?

キーワードに対して10人が見た時全員の期待に応えられるか

検索エンジンで上位に表示されているサイトの特徴は内容が濃いコンテンツという印象を受けると思います。

この内容が濃いページを作ること。もっと具体的に言えばキーワードに対して10人が見た時全員の期待に応えられるか?を考えてコンテンツを作ることが重要となってきます。

こうすることで検索クエリ(検索ユーザが入力したキーワード)が増え検索エンジンに表示されるケースが多くなります。

検索クエリで見えなかったユーザの質問が見えてくる

検索クエリで見えなかったユーザの質問が見えてくる

Googleが提供しているサーチコンソールに検索クエリがあります。

検索クエリを見てみると見えなかったユーザの質問が載っています。

この検索ワードで調べた人はこんな回答を求めていたんだなと気づくはずです。

そういった気づきを元にページの質をあげていくこと。これがコンテンツの文章作りです。

読みやすい文章構造

文章作成

どんなに良いコンテンツを作成しても読みづらいページだと去ってしまいます。

Webサイトはチラシとは違い全てが一目でわかならく何とかスクロールをしてもらい読み進めてもらうしかありません。

Webサイトで読みやすい文章構造を書くコツをご紹介します。

ファーストビューで興味をもってもらう

ファーストビューとは初めにページを開いた画面のことでユーザが知りたい情報がここのページには答えがあるはずだと思わせることがポイントです。

投げかける文章やお客様が率直に思うことを書くことでスクロールしてもらうことがまずコンテンツを作るうえで重要です。

画像を適度に挟む

途中まで読んだけど文字だらけで読む気になれないといったことをなくす為画像を挟むこともコンテンツを作成するうえで重要となります。

画像には文章にはない一目で伝えることができる魅力があります。

この先はこんなことが書いてあるのだな。こんなことができるんだと画像で伝えることで文章をスムーズに読み進めていくことができます。

箇条書きでポイントを押さえる

文章で説明したあと、または文章で説明するとわかりにくくなる場合、箇条書きでポイントを抑えたリスト表示をすると読みやすいコンテンツを作ることができます。

見出しで要点を伝える

本のタイトルのように文章に対する見出しを作ることで、ここではこういったことを書いているよ。と要点を伝えることができます。

読み手にも分かりやすく検索順位の恩恵を受けやすいのも見出しです。

小学生が理解できる文章がベスト

文章を作成する時に、無意識で専門用語を使ってしまう場合もありますが、一番ベストな書き方は小学生でも理解できるくらい噛み砕いて説明する事です。

調べものをする時に難しい言葉に直面し、その難しい言葉を更に調べることが過去にある方は多いと思います。

この場合、書き手に問題があるか、読み手に問題があるか?書き手からしたら「良い情報を与えているのだから専門用語は調べて」という意見もありますし、読み手からすれば「もっと優しく情報を与えてほしい」どちらの意見も決して間違えていません。

ただし、集客をする観点で言えば全てのお客様の問題を解決できるホームページがベストと考えると、優しく情報を与えることに越したことはないのです。

そうなると小学生が理解できる文章力で専門用語は控えてわかりやすく作成することが一番重要になってきます。

一言で説明できない専門用語であれば、用語について解説するページを作り、リンクから画面遷移させる処置をとることで見る人のユーザビリティに特化したコンテンツを作ることができるのです。

お問合せ

お気軽にお問合せ下さい。

  • 電話番号 0285-35-4987
  • メール info@9box.jp