内部リンクでWebサイト全体の評価を高める

内部リンクとは?Webサイト全体の評価を高めるSEO対策
キーワードとの関連性

関連リンクなどユーザにとって利便性の高い内部リンクを貼ることでWebサイト全体の評価を高めることができます。

内部リンクを貼ることによるメリット

内部リンクとはWebサイト内の他ページへ遷移するリンクを言います。

内部リンクを張ることによって得られるメリットは大きく2つあります。

速くページ評価される

検索エンジンに表示されるにはまずクローラーが巡回してこないことには始まりません。

クローラーが来たらインデックスに登録され、その後検索結果に反映されます。

つまりクローラーの巡回しやすい内部リンクを設置することで速くページ評価される点がメリットとなります。

検索結果までの手順
  • クローラーが巡回
  • インデックス登録
  • 検索結果に反映

Webサイト全体の評価を高めることができる

検索順位はページ単体だけの力で評価しているわけでなくWebサイト全体の力でも評価しています。

つまり内部リンクされているページの評価も見ていることになります。

ページ単体の中身が薄ければWebサイト全体の評価も落ちますが1ページ1ページ品質の良いページを作り内部リンクを行うことでWebサイト全体の評価を高めることができます。

内部リンクの設置場所

内部リンクを設置する時押さえておきたいポイントは設置する場所に応じて使い分けをきちんとすることです。

クローラーはページの情報を読み取りますがナビゲーションメニューなど設置場所に応じて理解しています。

ナビゲーションメニュー

ナビゲーションメニューに設置するリンクはWebサイト内で主要なページを配置します。

上部に配置されており見られる回数も多い為きちんとカテゴリ分けすることをオススメします。

サイドメニュー

サイドメニューに設置するリンクは現在いるページと関連性の高いページを配置します。

ページの内容をみて興味を持ってくれた場合他のページも見てくれる為、関連性の高いページを表示することをオススメします。

パンくずリスト

パンくずリストに設置するリンクは現在いるページの上位階層のページを配置します。

ページ内で表示されるだけでなく検索エンジンにも上位の階層が表示される為きちんとカテゴリ分けしたパンくずリストを設置することをオススメします。

フッターリンク

フッターに設置するリンクは主要なページまたは企業情報などのページを配置します。

商品を販売するサイトなどの場合、本当にここで買っていいのか?とあと一押し欲しいユーザが見る為一押しできるページリンクの設置をオススメします。

コンテンツ内リンク

内部リンクで特に恩恵を受けるとされるのがコンテンツ内リンクです。

自然なアンカーテキストを貼ることができ、ユーザがリンクをクリックする確率が高い場所となっております。

自然なアンカーテキストが効果的

コンテンツ内から貼る内部リンクつまり自然なアンカーテキストが一番評価されやすいと言われています。

その理由はサイドメニューやフッターなどは固定のリンクの為、リンク評価は高くありませんが、コンテンツ内のリンクにおいてはアンカーテキストや周辺の文字が異なる為ナチュラルなリンクとして捉えられ高く評価されます。

PAGE TOP