IT・WEB・PC事業を行う9BOX IT・WEB・PC事業を行う9BOX

検索エンジンからWebサイトのアクセス数を増やすには?

検索エンジンからWebサイトのアクセス数を増やす

検索エンジンからWebサイトのアクセス数を増やすには各ページ1つ1つが狙ったキーワードで1番答えが記載されているページであること、そしてサイト全体を強くすることが必要です。

ページを増やしてWebサイト全体を強くする

1ページだけのWebサイトと100ページあるWebサイトがあった場合どちらがアクセス数が多いと思いますか?

もちろん中身によっても異なりますが、よほどでない限り100ページあるWebサイトがアクセス数が多くなります。

同じ土俵で順位を競い合う以上ページの数は重要です。

ただし各ページ1つ1つが疎かであればページの数に比例して順位は下がるでしょう。

「これ前にも見たサイトだ。違うページだけどたいしたこと書いてないから他の探そう」

ユーザの気持ちは検索エンジンにも伝わります。(文章や滞在時間など)

アクセス数を増やすには、10人のユーザがページを見た時、10人が求める答えを書くイメージでページを増やしていくことが大前提となります。

検索クエリを増やす

検索クエリを増やす

検索クエリを増やす為には共起語、サイト内のボリュームを増やすことです。

重要な単語に対してよく使われるキーワードを使うことで、関連性の高いユーザ、検索が苦手なユーザにも思いが届くホームページを作ることができます。

70%以上は単語を2つ以上入力して探したい情報を検索する統計がでており、その2つ以上の単語の結びつきが重要になります。

ただし、テーマに沿っていない文章量の追加はご法度です。

ポイント
関連するテーマの情報量を増やす

テーマ性を明確にする

ユーザが求める明確なテーマ

検索クエリを増やすことが重要とお話ししましたが、関連性のあるテーマでの共起語、複合語を使わないと評価が下がり、集客どころか検索順位も下がってしまいます。

ホームページを例えにすると、作りたいユーザをターゲットとするのか、作り方が知りたいユーザをターゲットにするのかでテーマは大きく変わります。

テーマを明確にし、お客様が求める情報を与えるサイトとしてホームページを作ることが重要です。

ポイント
ユーザが何を求めているかを考えて作る

質の高いコンテンツを作る

質の高いコンテンツ

お客様が求めている情報をできるだけ多く、簡潔に説明できるコンテンツ作りが非常に重要となってきます。

ぐだぐだ説明する記事や、内容が薄いコンテンツでは見る人が有益になる情報でないと判断し、ページを離れてしまいます。

訪問したユーザが何を求めているのか?購入したいから見に来たのか、情報を探しに来たのかなどの目的を明確にすることによって、ホームページをどのように作るか道筋を立てることができます。

ポイント
ユーザを満足させるコンテンツがベスト

好まれやすいタイトルをつける

好まれやすいタイトルをつける

タイトルは集客をするうえで一番重要な役目を果たします。いくらユーザが満足できる内容を書いてもタイトルと中身のテーマが異なっているだけで検索順位の評価は悪くなってしまいます。

キーワードは少なすぎない3個から5個、見切れないよう文字数は32文字以内で作ることがユーザと検索エンジンに伝わりやすいタイトルの書き方となります。

ポイント
抽象的なタイトルでなく具体的なタイトルを付ける

ターゲットユーザを明確にする

ターゲットユーザ

むやみに複合語や共起語を使い検索クエリを増やした場合Webサイトのテーマ性が薄れてしまい、検索順位が下がります。

それはクリック率の低下とページを見る滞在時間が短くなるためです。

表示回数を増やす前に関連性のあるユーザ検索の仕方があまり得意でないユーザの2つにターゲットユーザを絞り、どちらのユーザもたどり着けることを意識して作ることが重要になります。

関連性のあるユーザへの対応

関連性のあるユーザ対応

例えば「小山 ホームページ」で集客を取りたいとします。その場合10人中10人が同じキーワードで検索してくることはまずありえません。

「ホームページ制作会社」であったり、「集客ができるサイト作成ができる店」と検索するユーザもいます。

どのように関連性のあるユーザを視野に入れて作るかというと、御社の魅力を最大限に引き出すことです。

関連性のあるユーザは情報が知りたいことで訪問してくれます。

お店で接客として行っているように御社の強みやメリットを100%伝えることが表示回数を増やし、集客と繋がります。

検索が苦手なユーザへの対応

検索が苦手なユーザ対応

調べたいことのサイトになかなかたどり着けない方も非常に多くおります。

そんな方に「お客様の求めている情報はここだよ」と言えるホームページを作ることで検索が苦手なユーザを誘導することができます。

この為には複合語、共起語を使うことで解決できます。検索クエリから表示回数が多い複合語からWebサイトを制作することで解決することができます。

検索エンジンで表示される理想の順位

表示回数を増やして理想の順位というものが存在します。

それは3位以内に入ることです。理由はスマートフォンの小さいデバイスでも3位までは最初に見える画面として表示されるからです。

この為、検索クエリで表示回数が多いユーザをターゲットとしてホームページの質を高めていけば集客に繋がると言えます。

ポイント
Google、Yahooなどの検索エンジンで3位以内に表示されること

表示回数を増やしてクリック率(CTR)率を増やすことでホームページからの集客に繋がります。

集客ができたら成約率が高いWebサイトを制作することで成果に結びつくことができます。

お問合せ

お気軽にお問合せ下さい。

  • 電話番号 0285-35-4987
  • メール info@9box.jp