IT・WEB・PC事業を行う9BOX IT・WEB・PC事業を行う9BOX

Webサイトから成約率(コンバージョン)をあげるSEO対策

Webサイトから成約率(コンバージョン)をあげるSEO対策

Webサイトからの成約率(コンバージョン)をあげるにはユーザが何を求めてホームページを探しているか、成約までの道筋を分かりやすく組み立てることがSEO対策として非常に重要になってきます。

ユーザは質問者サイトは回答者のイメージ

成約率を高める

ホームページのアクセス数が増えて集客ができても成果、成約率を高めなければ意味のないWebサイトになってしまいます。

成約率を上げるには「ユーザが何を求めてホームページを探しているのか」、「成約までの道筋を分かりやすく組み立てること」が非常に重要になってきます。

ユーザが求めている質問に答えられるサイト作り

電話、お問合せ、資料請求までの道筋を組み立てるサイト作り

ユーザの要望に色を添えられるサイト作り

ユーザの要望

会社でも同じことが言えるのですが、言ったことだけやる人は出世もしませんし、普通に「ありがとう」と言われるだけで終わります。

言われたことに対して、他の問題点を見つけ「これもやっておきました」と言えば「気が利くね!本当に助かる。ありがとう!」と言われることでしょう。

人付き合いがうまいからという理由にしてしまいがちですが、こうして出世する人しない人の差が開きます。

ホームページの作り方も同じでお客様が「情報を知りたい」「購入したい」といった要望に対してただ商品を説明するのではなく、「この商品を使うことによって他にもこんな利点がありますよ!」といった色を添えたサイト作りが成約率を高める方法となります。

ユーザが何を求めているのかを考え、要望に応えるだけでなく、色を添えることが成約率を高める

コンバージョンまでのサイト作り

コンバージョンまでのサイト作り

成果、成約を高めるホームページとしてコンバージョン率は高ければ高いに越したことはありません。

いくらアクセスが1000ユーザから見られてもコンバージョン率が0.1%であれば1人しか成約させることができません。

コンバージョン率が10%になればアクセスが1000ユーザでも100人から成約を得ることができます。

コンバージョン率を高めるには「ユーザの問題と不安を解決できること」、「リンクの設置」が鍵を握ります。

リンクとは関連性の高いページへ移動することや、難しい言葉などを説明する時に使われます。

いかにユーザが興味をもっている箇所へリンクの配置をすることで成約率を高めることができます。

例えば購買意欲のある方がすんなり購入する方もいますが、あと一押しされたいユーザもいます。その時に、購入する前に一度セミナーでお話しでも聞いてみませんか?とセミナー情報のページへ遷移するようにリンクを設置したりします。

ユーザの問題解決、不安や悩みを取り除く関連性の高いページへのリンク設置が重要

ユーザ動向からPDCAサイクル

ユーザ動向からのPDCAサイクル

どんなに優秀なホームページでも1回の制作で成約率が高い完璧なWebサイトにすることは不可能です。

そんな時は直帰率とページに滞在する平均時間から論理的に改善することができます。

まずはどのページを見て他のサイトへ行ってしまうのかを分析し現状の把握をします。

そこで一番多い要因がページを読み終えた後に関連するページへ遷移するリンクが設置されていないことが多く見受けられます。

もしくは形崩れであったり、タイトルに対してのテーマ性がコンテンツと一致していないなど様々な問題が挙げられると思います。

現状に対して何を改善すればよいか計画をたて、ページ修正を実行して現状と対策後の結果を見比べていくPDCAサイクルを行うことで、Webサイト内のページ個々の質が改善され成約率は高まります。

  • タイトルと記事のテーマが合っているか
  • 情報量は十分にあるか
  • 関連ページのリンクを設置しているか
  • 形崩れをおこしていないか
  • 読み込み速度が遅くないか
  • 読みにくくないか

直帰率と平均時間滞在率から個々のページを育てていくことが重要です。

お問合せ

お気軽にお問合せ下さい。

  • 電話番号 0285-35-4987
  • メール info@9box.jp