IT・WEB・PC事業を行う9BOX IT・WEB・PC事業を行う9BOX

検索エンジンからのCTR(クリック率)を高めるSEO対策

検索エンジンからのCTR(クリック率)を高めるSEO対策

クリック率(CTR)を高める為に行うSEO対策、サーチコンソールで表示された回数及びクリックされた回数の確認方法をご紹介します。

クリック率を高めるために行うことは3項目のみ

検索エンジンからクリック率を高める為にはWebページのタイトル、ディスクリプション(説明文)、ブレッドクラム(パンくずリスト)の3つを強化することにより改善することができます。

クリック率(CTR)は表示された回数に対してクリックされた数で表され、ユーザが探しているテーマに沿った魅力的な文章を作ることでWebサイトのCTR率を高めることができます。

ユーザの目に留まっても押されないことには意味がない

ユーザを引き付けるタイトル

ユーザを引き付けるタイトル

検索エンジンで表示されるタイトルはSEO対策、ホームページを作るうえで一番重要な項目となります。

それは何について書かれているのかを一言で表す本のタイトルと同じ働きをする為です。

人にも検索エンジンにも一番テーマが伝わる場所がタイトルになります。

タイトルとは検索エンジンで1ページ内に10サイト並んでいる項目名です。

コンビニなどで本を見ると二度見してしまうような魅力的なタイトルで手に取ってしまう方もいらっしゃると思います。

何を求めているのかを考え、ユーザを引き付ける魅力的なタイトルを付けることで検索エンジンからのクリック率を高めることができます。

タイトル例)ホームページ制作

集客に強いホームページ制作

強調表示されるディスクリプション

ディスクリプション

ディスクリプションはタイトルの下に説明書きされた文章を言います。

ユーザが検索した文字が太字として強調表示される為、タイトル同様重要な要素となります。

どんなにテーマに沿った内容を本文に記載しても土台のタイトルと説明文が全く異なる内容を書いていては読み手も興味がなくなってしまいます。

何について書かれているのかを100文字程度で表すことができます。

100文字以上書くこともできますが、文字が多いと後半部分が表示されなくなるため、どうしても文字が多くなる場合は先頭に伝えたい内容を書くことでクリック率を高めることができます。

文字が見切れる可能性がある為重要なことは先頭に書く

テーマを伝えるブレッドクラム

テーマを伝えるブレッドクラム

ブレッドクラム(パンくずリスト)とは上位階層、カテゴリ分けされたテーマがはっきりわかる目的として使われます。

例えば、小山市の賃貸を調べた場合、ここのページは小山市のアパートなどが載ってますよと、視覚的に判断することができます。

小山市の近くの宇都宮でいいとこあるかなとテーマのなかでお客様に有益な情報を与えることを目的としてブレッドクラムは存在します。

この為、タイトル、ディスクリプション同様にクリック率を高める要素と言えます。

ディレクトリ階層をカテゴリに分ける

サーチコンソールでCTRを確認

サーチコンソールのCTR

Googleが提供しているサーチコンソール(旧ウェブマスター)では検索トラフィックタブにある検索アナリティクスから「クリック数」、「表示回数」、「CTR」、「平均掲載順位」を確認することができます。

CTRは合計のクリック率÷合計の表示回数で求めることができ、1カ月に130,591回の表示回数に対してクリックされた回数が4,010の場合CTRは3.07%となります。

平均CTRは高いに越したことはありませんが、合計表示回数が多くなればなるほどCTRを高くすることは困難となります。

しかし、関連性の高いテーマでページを作成していくことで、ユーザにニーズにあった複合語が増えCTRを高めることができます。

逆にテーマからずれていくとCTR率は下がる傾向になります。

クリックされなければ上位表示しても意味がない

クリックを増やす

いくら検索エンジンの表示回数が多く上位に表示されていたとしても、クリックされる確率(CTR)を増やさなければ成果どころか集客をすることができません。

どんなに良いコンテンツが書いてあるページでもユーザを引き付けるタイトル、ディスクリプション(説明文)が整っていることが重要となります。

お問合せ

お気軽にお問合せ下さい。

  • 電話番号 0285-35-4987
  • メール info@9box.jp