IT・WEB・PC事業を行う9BOX IT・WEB・PC事業を行う9BOX

SEO対策会社

SEO

SEO対策をする目的はWebからの集客を増やすことです。

Webからの集客を増やす為には検索エンジンからアクセス数を増やすこと、そして成約率を高めることが重要となってきます。

9BOXでは論理的な考えに基づいたSEO対策を行っております。

当社を選んでいただかなくてもお客様がWebから集客できるSEO対策会社を選ぶうえで重要なことを書いておりますので是非お読みください。

SEOとは

SEOと検索順位の関係

SEOとは、YahooやGoogleといったブラウザから、調べたいものを検索エンジンで探すときに価値ある情報で順位づけされて表示される仕組みです。

SEOの本来求めるものは、検索順位を上げることが優先ではなく、ユーザに価値ある情報を提供できるかが最も優先となります。

検索順位はSEO会社の力量で変わる為、最低でもコンテンツの充実性、ユーザ動向の分析、見やすさ・使いやすさが施工されていることが重要です。

検索順位をあげたい方へ

情報検索

特定のキーワードで順位をあげたい。それではお客様は少数しか訪問しません。

重要なのはサイト全体のアクセス数です。

SEO会社に依頼したい内容を聞くと特定のキーワードで検索順位をあげたいという要望をよくお聞きします。

キーワードに対して1位にできる自信がある場合、施工を行いますが、集客ができるかと言われたらできないと答えます。

特定のキーワードで検索順位が上がっても集客できるにはならない

キーワード

特定のキーワードで検索順位が上がっても集客できない理由は特定のキーワードだけが検索順位が上位に表示されているだけで他のキーワードからの流入がないからです。

実際に良質なホームページで特定のキーワードからの流入は2割以下を占めるといいます。残りの8割が他ページからの流入です。

Webサイト全体のページを強化する例

地名+キーワードで検索順位が1位とした場合例えば1日100アクセスだとします。

地名+別のキーワードが1日20アクセスだとしても流入が100箇所合った場合2000アクセスになります。

具体的な例をあげると地名+居酒屋で調べる人はもちろん多いです。しかしそれより地名+安い居酒屋や、地名+さんまがある店など様々なキーワードで検索する人の方が圧倒的に多いのです。

マイナーなワードで1位でもだめ

また業界用語で一般の人ではわからないワードで1位になっても集客は見込めません。例えば車で言えば「自社ローン」で1位になっても知らない人の方が多い為、別の流入ページ(車一覧ページ)から自社ローンを知ってもらう方法が得策です。

これらを踏まえて特定のキーワードで検索順位が上がっても集客が見込めないと言えます。

SEO対策において重要なこと

SEO対策

検索エンジンからアクセス数を増やし、成約率を高めるSEO対策で重要なことはお客様目線で考えること、そして検索エンジンに読みやすく伝えることです。

ユーザの質問に対して120%の回答を書く

SEO対策で一番重要なコンテンツの文字数や文章構造の書き方

1つ1つのページがユーザ10人からの質問に対して全て回答できるくらい情報量豊かコンテンツにすることで検索エンジンからアクセス数を増やし、成約率を高めることができます。

文章を読みやすくすることもSEO対策において重要です。

読みやすい文章構造
  • ファーストビューで興味をもってもらう
  • 画像を適度に挟む
  • 箇条書きでポイントを押さえる
  • 見出しで要点を伝える
  • 小学生が理解できる文章

検索エンジンからのCTR(クリック率)を高める

検索エンジンからのクリック率を高める

検索エンジンで上位に表示されたとしてもクリック率(CTR)が低ければ集客できていたかもしれないユーザをとり逃すことにもなります。

その為、検索エンジンからのCTR(クリック率)を高めることがSEO対策において重要となります。

クリック率を高めるために
  • ユーザを引き付けるタイトル
  • 強調表示されるディスクリプション
  • テーマを伝えるブレッドクラム

成約率(コンバージョン)をあげる

成約率を高める

アクセス数を増やしただけではお客様が求めるWeb集客はみたされません。訪問したユーザを成約までもっていくことがWeb集客の目的です。

成約率(コンバージョン)をあげるにはユーザが何を求めてホームページを探しているか、成約までの道筋を分かりやすく組み立てることがSEO対策として非常に重要になってきます。

成約率をあげるコツ
  • ユーザは質問者サイトは回答者のイメージ
  • ユーザの要望に色を添えられるサイト作り
  • コンバージョンまでのサイト作り
  • ユーザ動向からPDCAサイクル

検索エンジンからWebサイトのアクセス数を増やす

Webサイトのアクセス数を増やす

検索エンジンからWebサイトのアクセス数を増やすには各ページ1つ1つが狙ったキーワードで1番答えが記載されているページであること。

そしてサイト全体を強くすることがSEO対策で重要です。

アクセス数を増やすコツ
  • ページを増やしてWebサイト全体を強くする
  • 検索クエリを増やす
  • テーマ性を明確にする
  • 好まれやすいタイトルをつける
  • 質の高いコンテンツを作る
  • ターゲットユーザを明確にする

Webサイト全体の評価を高める為に内部リンクを最適化する

内部リンク

Webサイトには検索エンジンの順位評価を行うクローラーという機械が巡回しに来ます。

内部リンクを張り巡らせることでリンクを辿ります。

ページ単体の中身が薄ければWebサイト全体の評価も落ちますが1ページ1ページ品質の良いページを作り内部リンクを行うことでWebサイト全体の評価を高めることができます。

内部リンク
  • ナビゲーションメニュー
  • サイドメニュー
  • パンくずリスト
  • フッターリンク
  • コンテンツ内リンク

ユーザビリティを考慮する

ユーザビリティの重要性

使いやすさ、見やすさを考慮したユーザビリティに特化したWebサイトはSEO対策において重要です。

Webはチラシなどと違い一目で全てを見ることはできません。サイトの見やすさが最後まで読んでくれる重要な鍵となってきます。

またユーザが探してたものと関連するリンクを設置することでユーザが見えなかった答えが見つかる使いやすさも考慮しなければいけません。

ユーザビリティ
  • 使いやすさ
  • 見やすさ

分かりやすい階層の構造にする

リンクとディレクトリの階層構造

探しているページまで辿りにくい場合階層構造が整理されていなくユーザが使いにくいWebサイトとなってしまいます。

ユーザがスムーズにWebサイトを閲覧できる分かりやすい階層構造にすることがSEO対策において重要です。

分かりやすい階層構造
  • カテゴリごとに整理されていること
  • 目的の場所まで2クリックで辿り着けること

Webサイトの表示速度を速くする

読み込み速度

ページの読み込み速度が0.1秒遅くなると売り上げは1%落ち込むと言われているほど、読み込みスピードはSEO対策において重要です。

Webサイトの表示速度はCSS、JS、画像を改善することで解決できます。

読み込み速度改善方法
  • CSSは配置と数とインライン化で改善できる
  • 画像はサイズと圧縮によって改善できる
  • Javascriptは配置と圧縮で改善できる

検索順位とクリック率に影響するタイトルを見直す

ユーザと検索エンジンに好まれるタイトル作成

検索エンジンに表示されるタイトルは検索順位とクリック率に影響するSEO対策にはかかせない項目です。

誰に向けて見てほしいかを考え、的確にタイトルをつくることがSEO対策において重要です。

タイトルのコツ
  • タイトルとコンテンツを一致させる
  • 文字数は32文字以内にする
  • 検索ユーザが求めるキーワードを作る
  • ターゲットユーザを明確にする

検索エンジンに表示される説明文を見直す

検索エンジンに表示される説明文はdescription(ディスクリプション)とも呼ばれクリック率に影響するSEO対策でも重要な項目です。

このページをみて何を得られるか?タイトルに対する興味をそそる説明文を書くことで集客に繋がります。

更新頻度を高める

更新頻度の重要性

動きがある更新頻度の高いWebサイトを作ることもSEO対策において重要です。

情報の追加や更新を行うことでWebサイトの動きが見られ、また1度訪問したリピーターの層も増加します。

情報の修正を行うことで誤字脱字が減り最新の情報を配信することができ信憑性があるサイトを構築できます。

更新というと面倒と思われがちですが、面倒と思えることは他社に差をつける価値のあるものです。

更新
  • 最新の情報が配信できる

どのような検索ワードで表示されているか確認

サーチコンソール

サーチコンソールでどのような検索ワードで表示されてWebサイトを訪れているか分析することはSEO対策において重要です。

そして見えなかった検索ワードも検索クエリに含まれておりユーザはどのような回答がほしかったのか分かる為改善を行います。

サーチコンソール
  • Webサイトの現状を確認できる
  • 検索クエリを確認できる

ユーザの動向を確認

アナリティクス

Webサイトにどのくらいアクセスがあるのか、ユーザはどのページに興味を持ちどのページに興味がないのかなどユーザの動向をアナリティクスで確認することができます。

現状を見て改善すべき点を改善していくことがSEO対策で重要となります。

ユーザの動向
  • アクセス数
  • 興味があるページ
  • 興味がないページ

デバイスによって形崩れがないようにする

スマホユーザの使いやすさを考えたレスポンシブデザイン

デバイスによって形崩れがあると信頼の面で成約率が落ちてしまいSEO対策で重要な項目となります。

デバイスに応じた表示を切り替えるにはレスポンシブデザインというCSSを修正することで行えます。

検索エンジンにも伝わりやすく書く

HTML

検索順位の評価をしている検索エンジンにも伝わりやすく書くにはHTML構造をしっかり整えることです。

必要のないソースコードは省き、意味をきちんと理解したうえで使うことで検索エンジンに伝わりやすくなります。

ページが表示されないをなくす

htaccess設定

URLを変更した場合や古いと思って削除してしまったページがある場合、ページが表示されないケースがあります。

その場合.htaccessにリダイレクト処理を書くことで本来訪問していたはずのユーザをとり逃すことなくWebサイトに案内することができます。

料金について

SEOの料金はサイト規模の大きさに応じて異なります。

概算ですが新規ページ1ページ追加で¥10,000、修正につきましては300文字程度の文章と画像1枚で¥3,000となっております。

一括ではなく月々分割でお支払い可能です。

打ち合わせ
無料
新規ページ1ページ
¥10,000~
修正
1h/¥3,000
お支払い方法
月々分割払い

お問合せ

お気軽にお問合せ下さい。

  • 電話番号 0285-35-4987
  • メール info@9box.jp