Web集客 栃木県小山市の9BOX

新規顧客を増やす為にWeb集客が1番よい理由

店舗やネットショップで人を多く集めたいと思う方は多いのではないでしょうか?

新規の顧客数を増やすには

電話での営業(人)
訪問営業(人)
チラシ(紙)
地域雑誌(紙)
フリーペーパー(紙)
ホームページ(WEB)
MEO(WEB)
リスティング広告(WEB)
SNS(WEB)

などがあげられますが、WEBが一番集客に向いております。

お客様自身がアクションを起こす

WEBが一番集客に向いている理由はお客様が「今すぐほしい」と自ら、アクションを起こすからです。

電話や訪問営業の「人」とチラシ等の「紙」で集客を行う場合、

  • お客様が今求めているものではない
  • ぐいぐい来られるのが嫌

上記のどちらかに当てはまり、成約率が低くなります。

それに対してホームページなどのWEBの場合

  • お客様自身が求めている情報をWebで探す

となるのでWeb集客は成約率が高く新規の顧客数を増やす為に効率がよい手法となっております。

費用対効果にもメリット

Web集客は、成約率だけがメリットではありません。一番ネックとなるお金の費用対効果にもメリットがあります。

人や紙媒体の場合お金を払っている期間でしか集客ができません。

それに対してWeb集客のホームページを例とした場合、お金をかけて作ったものが半永久的に集客できるのです。

人や紙での集客からWeb集客へパラダイムシフトが起きた現代いつやるのか?今でしょ!

多くのユーザが集まる検索エンジンからWeb集客

WEB集客

Webから集客を行う場合、一番多くのユーザが集まる検索エンジンでビジネスを展開することが効率の良い最善の方法と言えます。

更に国内ではGoogleとYahooの検索エンジンが90%以上のシェア率を誇っている為、ここに的を絞りWebの集客を行うことが最善の策です。

費用対効果が得られる仕組みを作る

Web集客を行ううえで不安となる大きな要因が「費用をかけて元がとれるか」です。

例えばWebの集客に毎月10万かけて100万の利益がとれる仕組みであれば不安というものはなくなります。

Web集客において費用対効果を得る為には

  • 平均客単価 > SEOやホームページなどの広告費(クリック数×(コンバージョン率×0.1))

または

  • 平均客単価 > クリック単価×クリック数×(コンバージョン率×0.1)

となれば費用をかけた分、利益が残ります。

コンバージョン率とはサイト訪問者に対して成果(商品購入や来客など)を達成した割合で表します。

MEOの費用対効果

MEOは無料となっている為費用対効果を得ることができます。

リスティング広告の費用対効果

リスティング広告はクリックされた時だけ料金が発生する為、広告費と月平均のコンバージョン率を当てはめて計算し平均客単価を下回れば費用対効果を得ることができます。

ホームページやSEOの費用対効果

また、ホームページSEOの場合は広告費と月平均のコンバージョン率そして月平均のサイトアクセス数を当てはめて計算し平均客単価を下回れば費用対効果を得ることができます。

成果が出ない時に見るべきポイント

Webからの集客で成果が出ない場合、見るべきポイントは「アクセス数が少ない場合」と「アクセスは多いがコンバージョン率が少ない場合」の大きく2つにわかれます。

アクセス数が少ない場合の対処法

アクセス数が少なくWebから集客出来ない場合大きな要因は下記の通りです。

要因
  • 検索ワードのニーズが少ない
  • 検索ワードの入口が少ない
  • タイトルや説明文に魅力を感じない

検索ワードのニーズが少ない

意図する検索ワードが月どのくらいあるかを抑えていないと検索ワードのニーズが少なくアクセス数が少ないといったことが考えられます。

検索ワードの入口が少ない

特定のキーワードだけでWebサイトから集客を行おうとするとアクセス数が少ないといったことが考えられます。

現在検索エンジンで表示されるページはトップページではなく一番ユーザに適しているページが表示される為ユーザの要望に沿ったページを具体的に作り込む必要があります。

Webサイトの規模が大きいサイトはアクセスを集めやすいという理由もサイトテーマに沿った共起語が多く含まれている為です。

タイトルや説明文に魅力を感じない

どんなに良いコンテンツが書いてあってもクリックされなければアクセス数は伸びません。

タイトルとコンテンツは一致していることが最低条件ですがクリックしたいと思えるタイトル及び説明文の書き方でアクセス数は大幅に改善できます。

アクセスは多いがコンバージョン率が少ない場合

アクセス数は多いがWebから集客出来ない場合大きな要因は下記の通りです。

要因
  • ユーザの答えが満たされていない
  • ゴールが明確になっていない

ユーザの答えが満たされていない

Webページに記載しているコンテンツに不安材料が1つでもある場合コンバージョン率は大幅に低下します。

Webは無料で何回でも見られ他サイトも数多くある為ユーザの目は厳しくなっています。

このWebサイトなら安心して購入できるといった作りをすることでコンバージョン率を大幅に改善することができます。

これからWeb集客をお考えの方へ

これからWeb集客をお考えの方は、集客において土台となるホームページをしっかり作る必要があります。今や集客=Webといっても過言ではないビジネスアイテムですので是非あなたの「商品」を宝の持ち腐れとならぬよう知名度をあげてください。

PAGE TOP