IT・WEB・PC事業を行う9BOX IT・WEB・PC事業を行う9BOX

Web集客

WEB集客
多くのユーザ集まる
検索エンジンからWeb集客

同じ商品を2人の営業マンに依頼した時、コミュニケーション能力の高さや手法によって売れる人売れない人の差が明確にでてきます。

WEBにおいても同じことが言え、いかに多くの人に見てもらえるか、ユーザを成約させる為の説得力がどれだけあるかが重要になってきます。

ここでは費用をかけた分元が取れるWeb集客についてご紹介していきます。

多くのユーザが集まる検索エンジンからWeb集客

Webから集客を行う場合、一番多くのユーザが集まる検索エンジンでビジネスを展開することが効率の良い最善の方法と言えます。

更に国内ではGoogleとYahooの検索エンジンが90%以上のシェア率を誇っている為、ここに的を絞りWebの集客方法をご説明致します。

Webの集客方法

MEO

MEO地図エンジン最適化

MEOとはMap Engine Optimizationの略でGoogleの検索エンジンに表示される地図エンジン最適化です。

店舗を検索した場合、検索エンジンで上位に表示されるWebサイトよりも上に表示される為Webから集客をするうえでかかせない方法です。

ローカルビジネスとも呼ばれており、近くにいる人のスマートフォン及びパソコンに表示されます。

MEOは無料で開始することができ設定も簡単ですのでまだご利用されていない方にオススメです。

メリット
  • ユーザの目に留まりやすい
デメリット
  • 原則実店舗がないと掲載できない

SEO

SEO

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で検索エンジン最適化を意味しており、Google、Yahooのブラウザに価値のある情報の順番で表示される仕組みです。

SEO対策をしてWebから集客する方法は特定のキーワードで検索エンジンに上位表示するのではなく、Webサイトの各ページからの流入を増やすことで実現できます。

実際に良質なWebサイトで特定のキーワードからの流入は2割以下を占めるといいます。残りの8割が他ページからの流入です。

メリット
  • 1位で表示された場合クリック率が30%以上
デメリット
  • 時間がかかる(1~3ヵ月程度)

リスティング広告

リスティング広告

リスティング広告とは検索エンジンで検索した際にキーワードと連動して表示される広告枠を言います。

検索エンジンの上部、下部に広告が表示される為、人の目に留まるWebから集客する方法の1つです。

広告というものは人から懸念されがちな点から検索上位に表示されているWebサイトに比べクリック率、成約率が良くない傾向にあります。

ただしユーザの的を得た魅力的なタイトルを書き、充実した内容を書くことでクリック率、成約率を高めることが可能です。

メリット
  • 集客をするまでに時間がかからない
デメリット
  • 広告を掲載する都度料金が発生する

ホームページ

ホームページ

ホームページとは本来最初に表示されるWebページを指しますが、一般の方はホームページとWebサイトを同じ認識でしている為、ここではホームページとして説明していきます。

Web集客のゴールは商品の購入や店舗への来客であり、Webからどれだけ人を集めたかではありません。

人が多く訪問しても実客が増えないと集客の意義がない為、成約率(コンバージョン)を高めたホームページを作り上げることがWebの集客手法で一番重要となります。

費用対効果が得られる仕組みを作る

Web集客を行ううえで不安となる大きな要因が「費用をかけて元がとれるか」です。

例えばWebの集客に毎月10万かけて100万の利益がとれる仕組みであれば不安というものはなくなります。

Web集客において費用対効果を得る為には

  • 平均客単価 > SEOやホームページなどの広告費(クリック数×(コンバージョン率×0.1))

または

  • 平均客単価 > クリック単価×クリック数×(コンバージョン率×0.1)

となれば費用をかけた分、利益が残ります。

コンバージョン率とはサイト訪問者に対して成果(商品購入や来客など)を達成した割合で表します。

MEOは無料となっている為費用対効果を得ることができます。

リスティング広告はクリックされた時だけ料金が発生する為、広告費と月平均のコンバージョン率を当てはめて計算し平均客単価を下回れば費用対効果を得ることができます。

また、ホームページやSEOの場合は広告費と月平均のコンバージョン率そして月平均のサイトアクセス数を当てはめて計算し平均客単価を下回れば費用対効果を得ることができます。

成果が出ない時に見るべきポイント

Webからの集客で成果が出ない場合、見るべきポイントは「アクセス数が少ない場合」と「アクセスは多いがコンバージョン率が少ない場合」の大きく2つにわかれます。

アクセス数が少ない場合の対処法

アクセス数が少なくWebから集客出来ない場合大きな要因は下記の通りです。

要因
  • 検索ワードのニーズが少ない
  • 検索ワードの入口が少ない
  • タイトルや説明文に魅力を感じない

検索ワードのニーズが少ない

意図する検索ワードが月どのくらいあるかを抑えていないと検索ワードのニーズが少なくアクセス数が少ないといったことが考えられます。

キーワードの検索ボリュームはGoogleのキーワードプランナーで確認することができます。

検索ワードの入口が少ない

特定のキーワードだけでWebサイトから集客を行おうとするとアクセス数が少ないといったことが考えられます。

特定のキーワードをサイトテーマとすることは重要ですがキーワードに対する共起語(共に使われる言葉)というものがWebサイトには必要不可欠です。

現在検索エンジンで表示されるページはトップページではなく一番ユーザに適しているページが表示される為ユーザの要望に沿ったページを具体的に作り込む必要があります。

例えばWeb集客について調べる人にはSEOやリスティング広告などのWeb集客ページを見せる作りをし、SEOについて調べる人にはSEOのページを見せる作りをすることがユーザの要望に沿った作り方となります。

Webサイトの規模が大きいサイトはアクセスを集めやすいという理由もサイトテーマに沿った共起語が多く含まれている為です。

検索ワードの入り口が少ない場合入口を増やしてアクセス数を増やすことができます。

タイトルや説明文に魅力を感じない

どんなに良いコンテンツが書いてあってもクリックされなければアクセス数は伸びません。

タイトルとコンテンツは一致していることが最低条件ですがクリックしたいと思えるタイトル及び説明文の書き方でアクセス数は大幅に改善できます。

アクセスは多いがコンバージョン率が少ない場合

アクセス数は多いがWebから集客出来ない場合大きな要因は下記の通りです。

要因
  • ユーザの答えが満たされていない
  • ゴールが明確になっていない

ユーザの答えが満たされていない

Webページに記載しているコンテンツに不安材料が1つでもある場合コンバージョン率は大幅に低下します。

Webは無料で何回でも見られ他サイトも数多くある為ユーザの目は厳しくなっています。

このWebサイトなら安心して購入できるといった作りをすることでコンバージョン率を大幅に改善することができます。

SEO対策

ホームページ制作をご検討の方

ホームページの作り方

お問合せ

お気軽にお問合せ下さい。

  • 電話番号 0285-35-4987
  • メール info@9box.jp