パソコン修理
パソコンのデータ移行でお悩みの方へ

パソコンのデータ移行

パソコンのデータ移行では、OS、アプリケーションソフト、メールの設定内容など様々なデータの移行が可能となっております。

下記のトラブルを抱える方に対応しております。

  • 新しいパソコンにデータを移したい
  • 別のストレージにデータを移したい
対応OS
Windows

データ移行でできること

新しいパソコンにデータを移行する際や別のストレージにデータを移行する際にできることは下記の通りとなっております。

OSの移行

以前使用していたOSを新しいストレージへデータ移行することができます。OSの再購入やOSのライセンス認証することなく引き継ぐことができます。

アプリケーションソフトの移行

パソコンにインストールしたアプリケーションソフトを新しいストレージへデータ移行することができます。再度アプリケーションソフトをインストールすることなく引き継ぐことができます。

お気に入り・ブックマークの移行

ブラウザに登録したお気に入りやブックマークを新しいストレージへデータ移行することができます。再度お気に入りやブックマークをすることなく引き継ぐことができます。

メール設定の移行

メールソフトも新しいストレージへデータ移行することができます。メールソフトや設定情報、送受信メールを引き継ぐことができます。

各種ファイル類の移行

エクセルやワード、画像など各種ファイル類を新しいストレージへデータ移行することができます。ディレクトリ階層も引き継ぐことができる為、デスクトップ上のフォルダも引き継ぐことができます。

データの移行方法

データの移行方法は下記の2種類となっております。

古いパソコンから新しいパソコンへデータ移行を行う方法

  1. 古いパソコンで使用しているストレージ容量(100GBや1TBの単位)を確認する
  2. 新しいパソコンのストレージ容量(500GBや1TBの単位)を確認し、古いパソコンより容量が大きいことを確認する
  3. 移行元のストレージ(SSDやHDD)を取り外し外付けケースに入れる
  4. 外付けケースに付属しているUSBを新しいパソコンに接続する
  5. EaseUS Todo Backup Freeをインストール
  6. EaseUS Todo Backup Freeを開き「クローン」をクリック
  7. 古いパソコンから移行したいドライブを選択し「次へ」をクリック
  8. 新しいパソコンのストレージを指定し「次へ」をクリック※移行先がSSDの場合高度なオプションから「SSDに最適化」を選択
  9. 移行が完了したら古いパソコンのストレージを取り外し再起動
  10. OSやアプリケーション、メールの設定等が引き継がれていることを確認し完了

ストレージのみ取り替えてデータ移行を行う方法

  1. 現在使用しているストレージ容量(100GBや1TBの単位)を確認する
  2. 新しいストレージ容量(500GBや1TBの単位)を確認し、現在より容量が大きいことを確認する
  3. 新しいストレージ(SSDやHDD)を外付けケースに入れる
  4. 外付けケースに付属しているUSBをパソコンに接続する※1
  5. EaseUS Todo Backup Freeをインストール
  6. EaseUS Todo Backup Freeを開き「クローン」をクリック
  7. 現在使用しているストレージから移行したいドライブを選択し「次へ」をクリック
  8. 新しいストレージを指定し「次へ」をクリック※移行先がSSDの場合高度なオプションから「SSDに最適化」を選択
  9. 移行が完了したらパソコンからストレージを取り外し再起動
  10. OSやアプリケーション、メールの設定等が引き継がれていることを確認し完了

※1.新しいストレージの中身が入っていない場合認識されませんのでフォーマットを行います。

基本的にはMBR形式でフォーマットを行います。SSDまたはHDDの容量が2TBを超える場合GPT形式も可能です。

インターネット・ウェブ・デザインの技術で企業をサポート

9BOXは会社に必要不可欠な「集客媒体」と「業務改善」において多くのお客様からご相談やご依頼をいただいております。

新しい技術を取り入れ、インターネット・ウェブ・デザインの様々なサービスを一元管理できる会社として企業をサポートしております。

CONTACT
お電話でのお問い合わせ
0285-36-3931
営業時間 09:00~18:00 月~金
メールでのお問い合わせ