ITソリューション開発の流れ

明確な要件定義

要件定義

要件定義ではお客様が抱えている問題が現状どのような作業を行っていて発生するものなのかをお聞きし、人件費やミスが削減できるITソリューションシステムを考案致します。

システムを導入することでどのくらいの費用対効果が得られるのかを明確にします。

基本設計で土台作り

基本設計

基本設計では要件定義で定めた問題を解決する為に画面などのインタフェース仕様を固め、要望とシステムが一致するよう練り合わせを行います。

画面やインタフェースといったアウトプットの外部設計以外にも内部設計書も掲示してほしい場合はご相談下さい。

詳細設計

詳細設計

詳細設計書では、DB設計書、ER図などを明確にし、形にしたい要望を具体的なシステムに落とし込みプログラム開発(製造)を行っていきます。

ここからは特に仕様の変更がない場合以外はお客様とのヒアリングは発生しません。

製造(プログラム)

プログラム

お客様の問題を解決するシステムを開発するためにコーディングをしていきます。

プログラム開発以外の、バッチ処理やハード面の構築も製造に含まれております。

テスト

システムテスト

お客様のご要望通り実装できているか、基本設計書で固めた仕様通り動いているかのシステムテストを行います。

システムテストはシステムを開発する上でお客様の要望が満たされている事を確認する重要な作業となります。

運用・保守

運用・保守

システムのテストが完了したらITソリューションシステムの運用を開始します。

運用マニュアルのお渡しや他に付加したい機能も保守として可能です。

システムは一度開発したもので運用し、処理に例外が発生した場合や途中でこういう事もできるのではないかということから付加機能を取り入れたい事が多々ございます。

その場合、保守として9BOXではサポート可能です。

PAGE TOP